ペニスに関する悩み

ペニスを大きくする食べ物はコレだ!精がつく食材でサイズアップを狙おう!

ペニスを大きくする食べ物はコレだ!精がつく食材でサイズアップを狙おう!
  • お金をかけずにペニス増大させたい
  • 日頃の食べ物からペニスの力を上げたい

有名な増大方法である増大サプリは、いずれも10,000円以上と高額です。

しかし実は、増大サプリに含まれる成分は、すべて食べ物から摂取可能。
増大サプリの配合成分が含まれた食べ物を取り入れれば、手軽に増大のサポートが期待できます。

この記事では、ペニスを大きくする食べ物、男性機能をアップさせる簡単な料理をご紹介!

ズボラでも外食派でも問題ありません!
今日からできる簡単な料理レシピをレクチャーします。

本記事のポイント
  • ペニス増大に繋がる食べ物
  • 男性機能を向上させる食事のルールについて
  • ペニス増大に良い簡単料理

ペニス増大には、食事改善が大切。
おいしく食べながら、ペニス増大効果に繋げていけますよ!

食べ物だけでペニス増大する?【結論:しません】

勘違いする人が多いですが、ペニス増大は食べ物だけでは実現しません

理由は、食べ物に含まれる栄養量では、増大が実現するだけの効果を得られないから。

そもそもペニスは毛細血管の塊である、海綿体という組織でできています。
毛細血管に血液が流れることで、海綿体が膨張して勃起します。
ギンギンな勃起を繰り返すと、徐々にペニスに流れる血液量が増加し、ペニス増大が実現するんですね。

無数の糸のような血管に血液が流れ込み、血液の圧力によって、海綿体は硬くなります。これが勃起という現象です。

引用:浜松町第一クリニック

いかに全身の血流をスムーズにして、ペニスに血液を集めるかが増大の鍵といえるでしょう。

とはいえ、なんの影響も与えられないわけではありません。
食事改善は、サプリを代表とした増大方法のサポートとして実践しましょう。

増大サプリは栄養素が凝縮されたものなので、継続摂取で海綿体を膨張させられる可能性があります。しかし食べ物だけでは、ペニスが大きくなるだけの成分摂取が難しいです。

ペニス増大をサポートする食べ物一覧!【簡単レシピあり】

ペニス増大をサポートする食べ物一覧

ペニスを大きくする食べ物をご紹介します。

外食派の方もズボラで料理をしない方も、体を元気にする食べ物を紹介していくので、普段の食事に活かせます。

また、忙しいビジネスマンでもできる簡単レシピも一緒にご紹介します。

砂肝

歯ごたえがあり、おつまみとして人気のある「砂肝」。
砂肝は、低脂肪・低糖質でダイエットの味方です。

食べる時は、レモンを絞ってネギや野菜と一緒に食べてください。

砂肝に含まれる亜鉛は、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収力をアップさせる効果があるのです

簡単レシピ:砂肝のマリネ

【材料】

  • 砂肝:400g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • レモン汁:1/2個
  • にんにく:1かけら
  • オリーブオイル:大さじ2
  • 塩・こしょう:少々

【作り方】

  1. 砂肝を食べやすい大きさに切り、数か所に切り込みを入れる。
  2. フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を熱し、塩・こしょう・にんにく・砂肝を入れ、火が通るまで炒める。
  3. 玉ねぎを薄くスライスして、辛みを抜くために5~10分間水につける。
  4. 玉ねぎの水気をよく切り、レモン汁(1/2程個)・オリーブオイル(大さじ1)を加える。
  5. 玉ねぎと熱々の砂肝をボウルに入れ、あわせる。

砂肝の固い部分は、取り除いてもそのままでも大丈夫です。
お好みでどうぞ。

レバー

レバーは、必須アミノ酸をバランスよく含み、抗酸化作用に優れている食べ物です。
特におすすめは、豚レバー。

ビタミンB群も豊富なので、男性ホルモンの生成サイクルを高めてくれます。

簡単レシピ:レバニラ炒め

【材料】

  • 豚レバー:100g
  • ニラ:1/2袋
  • もやし:1袋
  • ☆醬油:大さじ2
  • ☆酒:大さじ1
  • ★みりん:大さじ1
  • ★砂糖:適量
  • ★味の素:小さじ1
  • 豆板醬:適量
  • にんにくチューブ:3㎝
  • 片栗粉:大さじ1
  • ごま油:大さじ2
  • いりごま:適量

【作り方】

  1. 豚レバーを一口大に切る。
  2. ☆の調味料をレバーに10~15分漬けて下味をつける。
  3. レバーに片栗粉が満遍なく纏うようにまぶす。
  4. フライパンにごま油を入れ、さっとレバーを炒めたら器に取り出す。
  5. もやし・にら・醤油・にんにくチューブ・酒を入れて強火で炒めたら、レバーをフライパンに戻す。
  6. ★の調味料を入れて、完成。

片栗粉をまぶしたレバーを最初に焼く際は、焼き過ぎないようにしましょう。

鶏肉

鶏肉は、ホルモンの素(もと)になる良質なたんぱく質。
肉類に含まれますが、魚と同じ不飽和脂肪酸なので、若返り作用があります。
また、胸肉には精子量を増やす働きもあり、妊活中の男性に打って付けです。

簡単レシピ:【麻辣】鶏から揚げ

【材料】

  • 鶏もも肉:1枚
  • ☆酒:大さじ1
  • ☆濃口醬油:大さじ1
  • ☆にんにく(チューブ):3㎝
  • ☆ごま油:大さじ1
  • ☆こしょう:小さじ1
  • ☆七味唐辛子:小さじ1
  • ☆五香粉:小さじ1

【作り方】

  1. 鶏むね肉をそぎ切りにする。
  2. ビニール袋に鶏肉と☆印の調味料を入れて揉みこむ。
  3. 小麦粉、片栗粉を付けて油で揚げる。

先に小麦粉を加えることで、調味料のうまみを閉じ込めます。
また、揉み込んだ鶏肉を一晩漬け込むと、うまみがギュッと凝縮。
時間がある方は試してみてください。

ハツ

ハツは、心臓のこと。
焼き鳥店でも人気のメニューですね。

中でも、鶏ハツが亜鉛効果を引き出す「鉄分」が豊富。
血管を拡張させる効果や、成長ホルモンの分泌を助けるアミノ酸が豊富に含まれています。
成長ホルモンは、精子運動率を向上させるので、妊活中の男性に嬉しい食べ物ですね。

簡単レシピ:焼き鳥

【材料】

  • 鶏(心臓):500g前後
  • 塩:適量
  • レモン:適量

【作り方】

  1. 下処理をしたハツを竹串に刺し、塩(適量)を全体にかける。
  2. 身がしまり焦げ目がつくまで、グリルで焼く。
  3. お好みでレモンをかける。

生焼けにならないよう、グリルをしっかり見張ることが大切です。

カキ

「海のミルク」と呼ばれるカキは、精子の生成に必要なミネラル「亜鉛」の配合量がウナギの3倍。
カキを1日2~3個食べれば、必要量を補うことができます。

カキは、「生」が一番亜鉛の配合量が多いため、フライにせずに「生」で食べましょう。

生のカキは、多くの亜鉛が配合されています。
しかし、牡蠣を食べ過ぎると、亜鉛の過剰摂取に繋がり、めまいや吐き気を催す可能性があります。

1日当たりの牡蠣の摂取量
  • 男性…約4~15個
  • 女性…約4~12個

「1日に12~15個までしか食べれないの?オイスターバーで生カキたくさん食べたいのに…」とガッカリされる方もいるかもしれませんが、大丈夫!
そもそも亜鉛は不足しがちなミネラルなので、1日くらい多めにとっても問題はありませんよ。

サバ

サバは、抗酸化オイルと呼ばれる※1DHA、※2EPAの含有量が非常に高いという特徴があります。
更に悪玉コレステロールのせいで、血液がドロドロになっていたり、血管の壁が狭くなっていたりする状態を、サバは善玉コレステロールを量産させて血行促進!
つまり、サバを食べれば食べるほど、体内に蓄積した中性脂肪やコレステロールを溶かし、血管を若くキレイに保ってくれるということなんです。

※¹DHA(ドコサヘキサエン酸)…脳や神経の機能を助け、脳の活性化を促す。
※²EPA(エイコサペンタ酸)…不飽和脂肪酸の一種で、血行促進効果が期待できる。
※³飽和脂肪酸…バターや生クリームに多く含まれる

簡単レシピ:塩サバの燻製

【材料】

  • サバ:1匹
  • ☆水:300g
  • ☆塩:15~18g
  • ☆醤油:大さじ1
  • ☆ごま:大さじ2
  • 燻製シート

【作り方】

  1. 三枚におろしたサバを☆を合わせた液に入れ、一晩冷蔵庫で漬け込む。
  2. 一晩冷蔵庫で漬け込んだら、表面の水分を拭き取り、そのまま冷蔵庫に半日ほど入れ、乾燥させる。
  3. 冷蔵庫でサバを乾燥させたら、燻製シートで包み、さらにラップを巻いて1~2日冷蔵庫でねかせる。
  4. グリルで焼いて完成。

燻製シートは、ネットや東急ハンズなどで購入できます。

ニンジン

ニンジンは、β‐カテロンという、体を錆び付かせない抗酸化に優れた成分が多く配合されています。
ほうれん草やピーマンなどの緑黄色野菜の中でも、ニンジンが断トツです。
更に、活性酸素を除去するため、免疫力が向上したり、血行促進効果が改善したりします。
体もポカポカ温まり、男性ホルモンの分泌を活性化させてくれる万能野菜です。

簡単レシピ:にんじんサラダ

【材料】

  • にんじん:1本
  • 塩:小さじ1
  • 酢:大さじ2
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 砂糖:少々
  • こしょう:少々
  • ツナ缶:1個

【作り方】

  1. にんじんを細く千切りにする。
  2. 塩を全体にまぶし、10分おく。
  3. しっかりと水気を絞り、ツナ缶、調味料を加え、よく和えればできあがり。

ニンジンは、塩もみをして水分を切ってから調味料を加えると良いでしょう。
マイルドで食べやすい味付けになりますよ。

トマト

トマトは、「食べる精力剤」と呼び名もある野菜。
実は、赤い色の素であるリコピンの抗酸化パワーは相当なものなのです。
男性ホルモンを生成する副腎や睾丸にまで、影響を与えてくれます。

更にトマトに含まれるリコピンは、油を一緒に摂取すると吸収率が高まります。
トマトにオリーブオイルをかけて、サラダにするだけでもGOOD!

「生のトマトを食べるのは苦手…」という方は、加熱調理がおすすめです。
というのも、トマトに熱を加えるとリコピンの栄養吸収率がワンランクアップするから。
鍋でコトコト煮込んで、トマトソースやシチューにしてみましょう。

「朝は時間がなくて…」という方は、トマトジュースを飲みましょう。
試験研究(カゴメ)が行ったところ、リコピンを効率よく取る時間は、朝が効果的だと明らかになりました。
朝食の1杯を、トマトジュースにしてみてもいいですね。

トマトに含まれるリコピンの摂取目安量は、15~20㎎となります。

  • Lサイズトマト:2個分
  • ミニトマト:12~15個分
  • ペットボトルのトマトジュース:コップ1杯分
  • トマトケチャップ:大さじ4杯分

リコピンをパスタやスープなどに入れて、効率よく摂取していきましょう。
しかしトマトの食べすぎは、胸焼けを起こしたり、消化が悪くなったりします。
健康に良いからといっても、過剰摂取は体に毒ですよ。

なめこ

なめこは免疫力を高め、男性ホルモンの分泌に必要な成長ホルモンを活性化させます。
更に、なめこに含まれるナイアシンは、腎臓や肝臓をケア。
男性ホルモン生成に役立つビタミンB群も、たっぷりです。

簡単レシピ:なめこのバター醤油炒め

【材料】

  • ナメコ:200g
  • バター:10g
  • ネギ:適量
  • 塩:少々
  • 醤油:小さじ1~2

【作り方】

  1. なめこの石突きを取る。
  2. フライパンにバターを熱し、塩を加えながら、なめこがしんなりするまで炒める。
  3. 仕上げに醤油を足す。

大きめの生なめこでも、同じように調理するとおいしいですよ。

納豆

納豆は、抗酸化作用が高く、腸内の善玉菌を増やす大豆オリゴ糖が豊富な食べ物。
男性ホルモンを活性化させるため、腸づくりに強力な力を発揮します。
更に、納豆に含まれる豊富な食物繊維が、脂肪燃焼スイッチに働きかけ、体内のコレステロールや中性脂肪の蓄積をブロック。
メタボや肥満に悩む男性に嬉しい食材といえますね。

また、諸説ありますが、納豆は夜に摂取するのがおすすめです。
というのも、寝ている間は水分を取らないので、血液がドロドロになりがち。
納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、血液をサラサラにしてくれるので、夜に摂取すると、ドロドロになりがちな血液をサラサラにしてくれるのです。

納豆に含まれるイソフラボンの目安量は、30~50㎎。
納豆50~60g(1パック)程でまかなうことができます。

納豆は、1パックで100キロカロリーなので、高カロリー。
食べ過ぎは、痛風やホルモンバランスの乱れに繋がるため、1日2パックまでに抑えると良いでしょう。

アーモンド

ちょっとしたおやつに嬉しいアーモンドは、コンビニのおやつコーナーにあります。

アーモンドは、「若返りビタミン」といわれるビタミンEの含有量がナッツ類の中でもダントツ。
血管の若さを保ったり、血行を促進したり、男性機能の向上に嬉しい効果が期待できます。

更に、皮に含まれる「フラボノイド」というポリフェノールの一種には、ビタミンEと同じように抗酸化作用があり、老化防止に役立ちます。

しかし、アーモンドの含まれるビタミンEは光に弱いので、密閉容器で保存し、電気の明かりや日光が当たらない暗い場所に保存しましょう。

アーモンドを食べるおすすめのスタイルは、「素焼き&無塩&皮ごと」。
というのも、塩漬けのアーモンドは塩分の摂取量が多くなり、砂糖漬けのアーモンドは糖質の摂り過ぎに繋がるからです。
ダイエット中の方は、素焼きアーモンドが好ましいでしょう。

アーモンドは、1日20~25粒の摂取がおすすめです。
25粒分(約38g)で、約223キロカロリー。

慶応大学医学部では、32人に半年間アーモンドを毎日25粒食べてもらう研究を行いました。
すると、生活習慣を変えなくても、平均して3.4㎏の減量に成功したのです。
ダイエット中のおやつとして、アーモンドはおすすめの食べ物と断言出来ますね。

ピスタチオ

ピスタチオは、お酒のおつまみやおやつに大活躍のナッツとして知られています。
コンビニに行くと、おやつコーナーだけでなく、アイスとしても人気が高いですよね。

ピスタチオのグリーンには、強い抗酸化作用があり、体内の一酸化窒素を促進させるアミノ酸が豊富に含まれています。
更に、男性ホルモンであるテストステロンをつくる副腎や肝臓を活性化。
体全体の衰えを防ぎ、男性ホルモンの分泌を底上げしてくれます。

実際トルコの研究チームが、17人のED患者に100gのピスタチオを3週間食べてもらい、男性機能に効果があるのか研究を行いました。
すると、勃起機能、オーガズム能力、性欲、性的満足感が向上したのです。

ピスタチオはコンビニで簡単に購入できるので、小腹が空いた時に摂取してみてください。

ピスタチオの1日の摂取量は、40~45粒。
実が小さめなので、知らない内にパクパク食べてしまう可能性があります。
たくさん食べてしまうと、カロリーオーバーになってしまうので、気を付けてくださいね。

ペニス増大効果を低下させる食べ物2つ

逆に増大効果を低下させる食べ物には、2種類あります。
せっかく体に良い食べ物を摂取していても、知らない内に男性機能を低下させる食品を食べていたら、効果が半減してしまいます。
まずは、しっかり知識を蓄えることから始めましょう。

  • 酸化した揚げ物
  • 焦げた焼き物

酸化した揚げ物

ペニス増大において、健康は最も重要な要因。
体の健康を保つために、揚げ物には注意してください。

  • ポテトチップス
  • 古い油
  • カレーパンなど

カレーパンやポテトチップスなどの市販されている揚げ物は、古い油を使用して揚げたものが多いため、酸化が進行している可能性があります。
食品添加物の中には、活性酸素の発生源になる食品もあるため、加工食品はなるべく控えるようにしましょう。
酸化対策には、以下の2点を取り入れてみてください。

  • 揚げ物は、週2回程度に留め、揚げたてを食べよう。
  • 酸化しにくいオリーブオイルで揚げよう。

焦げた焼き物

焦げた焼き物は、糖化をもたらします。
糖化は、動脈硬化の原因になったり、シワやシミ、たるみなどの肌老化を促進させてしまったりするのです。

糖化とは、食事によって摂り過ぎた余分な糖とタンパク質・脂肪が、体熱によって不正常な結びつき方(変性)をする現象のことです。

●引用:リバーシティークリニック

糖化対策には、以下の2点を取り入れてみると良いでしょう。

  • 焦げていない焼き物を食べる。
  • ステーキは、焦げていない「レア」の状態で食べる。

食べ物+生活習慣の改善でペニス増大がアップ!

食べ物と生活習慣で増大効果アップ

食べ物だけでも十分にペニス増大のサポートができます。

しかし食べ物に加えて、生活習慣の質も上げると、よりペニスの力をアップできます。

具体的には、下記の5つに挑戦してみて下さい。

生活習慣 改善行動
睡眠 1日7時間以上の睡眠
運動 最低週1回30分の運動(ジョギングなど)
喫煙 タバコの本数を減らす
過度な飲酒 1日1缶まで
ストレス 趣味などで定期的にストレス発散

生活習慣次第で、当人の血行の良さは決まってきます。
普段から不健康な生活を送っている方は、いくら食べ物に気をつけていても、男性機能アップには繋がりません。

逆にいえば、生活習慣を積極的に改善していけば、食べ物による効果を最大限に受け取れます。

とはいえ上記の改善行動をすべて実践しろといわれても、難しい方がほとんどですよね。
そういった方は、できそうな所から改善してみて下さい。
一歩ずつ、徐々に生活の質を上げていきましょう。

食事で賢くペニス増大に繋げていこう!

食事は、日々の積み重ね。
毎日の食事を意識しているかで、「半年度、1年後、10年後のペニス状態を左右する」といっても過言ではありません。

食事がおろそかになると、ペニス増大どころか、健康に支障をきたしてしまいます。
目の前のテクニックだけに捉われず、体を健康にさせることが重要です。
今回紹介した“精がつく食べ物”を、普段の食事選びや外食選びに生かしてみてください。